関東近郊の観光地、色々あって選び放題ですが
「正直ここ何回も行ったな~」「ここはみんな行ってるから自慢できないな~」と思うことはないでしょうか?
そこで、人とはちょっと違う あまり知られていない珍スポット、ご紹介いたします。

ムーミンパークができる前に!トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

The little wonderland👒

Wincy Cheungさん(@sourirewincy)がシェアした投稿 –

2019年春にオープンが予定されている埼玉県飯能市の『メッツア ムーミンバレーパーク』北欧の童話、ムーミンの世界を再現したテーマパークとして注目されています。オープンが待ち遠しいこちらのパークですが、実は同じ飯能市に、ムーミンのテーマパークが既にあるのです。
それが『トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園』
名前のとおりあけぼの杉に囲まれた公園にはキノコのような家や小川や図書館があり、四季折々の姿を見せる森の中で遊ぶことができます。
公園名にあるトーベ・ヤンソンとは何を隠そうムーミンの作者その人。
園内にはトーベに纏わる書籍や資料を展示している資料館もあり、ムーミンやその仲間などについても深く知ることができます。
木々に囲まれ小川がせせらぐのどかな園内。派手なアトラクションやショップ、キャラクターとの触れあいがあるわけではないですが、それがまた 大人な感じで、ムーミンの持つ雰囲気と不思議とマッチしているんですね。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

住所:埼玉県飯能市大字阿須893-1
開園時間:9:00~17:00
休園日:月曜
入園料:無料
駐車場:無料(市民体育館、市民球場、ホッケー場と共用)
https://www.city.hanno.lg.jp/akebono

ダチョウを見る!そして食べる! それがダチョウ王国

彼らはこうしているときの脚はどうなっているんだろ(・ω・) #お昼のなごみ画像 #ダチョウ #ダチョウ王国

かみりんさん(@kamirin_lovebeer)がシェアした投稿 –

ダチョウを見るといえば、やはり動物園だと思います。
ふわふわの毛を揺らしながらのっしのっしと歩くあの威圧感。圧巻ですよね。
そんなダチョウを牧場で見る ちょっと点と点がつながらない感覚ですが、茨城にそんな牧場があるのです。
その名もなんと『ダチョウ王国』
茨城県石岡市 そして千葉県袖ケ浦に構える観光牧場です。
こちらではダチョウをはじめ、アルパカ・ヒツジ・ヤギ・ミニブタなど様々な動物が飼育されています。動物によっては触ることも可能。ダチョウは触れませんが(気性が荒いので)ダチョウの仲間のエミューにはモフモフできます。モフモフ。
そしてここだけのお楽しみ。
ダチョウ肉を食すことができるのです
さっきあんなに元気な姿を見たダチョウを食べるのはしのびない感じがしますが……実はダチョウ肉はとっても万能
低脂肪・低カロリー・低コレステロール・高タンパク・高鉄分 味は牛肉に近くクセがなく味は濃厚なのにさっぱりというなんでそんなにいいことづくめなの!?と言いたくなっちゃうようなお肉なのです。
これを園内でバーベキューにするもよし、テイクアウトでフィレ串やダチョウバーガーを楽しむもよし!さらにダチョウの卵も食べる事ができます。巨大な目玉焼きはインパクト大!自慢できること間違いなしですよ!

ダチョウ王国

ダチョウ王国・石岡ファーム
所在地:茨城県石岡市半の木14052
電 話:TEL. 0299-23-2245  

ダチョウ王国・袖ヶ浦ファーム
所在地 千葉県袖ケ浦市上泉1506-10
電 話 TEL. 0438-60-4100

営業時間:10:00〜17:00(10月〜2月は16:00閉園)
※悪天候により休園することもございます。
入場料:
・中学生以上:900円
・3歳以上:600円
団体料金:・10名以上:50円引き
・20名以上:100円引き
・障害者割引:50円引き
※併用はできません。

貸切バスでラクにディープな旅しよう!

いかがでしたか?
ちょっと珍しい、そしてしっかり楽しめるスポットを紹介いたしました。
いずれも東京から気軽に行ける場所ばかりですが、ラク~に行くなら貸切バスがおすすめ!

いずれも東京から2時間半以内で行ける場所ばかりですが、気のおけない友達や仲間たちとワイワイしてラク~に行くなら貸切バスがおすすめ!

プロの運転手におまかせなので、帰りの運転の心配なく全力で遊べて観光もお手軽!
バスのサイズは人数に応じて選択可能なのでムダなし。
トランクつきのバスなら荷物や体力の心配もなし!

安心・楽しく・ディープな旅行をしちゃいましょう!

Copyright © 2017 PiCK BUS All rights reserved.