貸切バスによる移動は長距離でも運転などで神経を使うことがなく、非常に楽チンです。
しかし長時間座ったまま移動するのは結構疲れるもの。現地に着いたら身体が痛~い なんてことにならないように、少しでもラクに乗れるバスの乗り方のコツをお教えします。

1.シートベルトをしっかり着用

まずは基本の基本。安全のためにもシートベルトは必須です。
よく「身体がラクな体制にできないから嫌」という声も聞きますが、実は逆!
シートベルトは身体をしっかりと座席に固定するもの。つまり身体を正しい体制にしてくれるのです。
ずりずり下がって腰が曲がって……というのはあまりよくありませんよね。
必ず装着しましょう。
最近は安全面にも特化した三点式のシートベルトなんていうのも出てきているそうです。

2.腰・首の後ろにクッションを挟む

これも姿勢を綺麗にするテクニック 背骨をできるだけまっすぐにするわけですね。美しい姿勢は気持ちいい姿勢。あらかじめ用意しておき自分にちょうどいい幅を決めておきましょう。
カー用品店などでもグッズが販売されています。

3.休憩をこまめにとる

正しい姿勢といっても何時間も座り続けていること自体がやはり負担になります。
高速道路などを移動する場合もこまめにサービスエリアに立ち寄り、休憩を取りましょう。
目安は2時間ごとくらいがちょうどいいです。トイレや軽い食事をするのもいいですね。最近はサービスエリアも設備が充実してきてわざわざ立ち寄る価値があるものも増えてきています。心も身体もリフレッシュしましょう。

4.休憩時にはストレッチを

身体は伸ばせるときに伸ばしておきましょう!
大きく背中を伸ばす他に、首や脚、肩甲骨など身体をまんべんなくストレッチ!
よい肩甲骨のほぐし方としてオススメなのが、
1.肘を曲げて手を肩の前に
2.ワキをしめて腕が身体に密着する姿勢に
3.そのまま肩だけを前と後ろに10回ずつ回す
これだけでも肩こりがだいぶ軽減されます!お試しあれ

貸切バスでラクに快適旅しよう!

いかがでしたか?
貸切バスでの旅をさらに快適にする豆知識の紹介でした。

貸切バスの旅ではルートや立ち寄り場所も自由自在。

プロの運転手におまかせなので、帰りの運転の心配なく全力で遊べて観光もお手軽!
バスのサイズは人数に応じて選択可能なのでムダなし。
トランクつきのバスなら荷物や体力の心配もなし!

安心・楽しく・快適な旅行をしちゃいましょう!

Copyright © 2017 PiCK BUS All rights reserved.